馬主税務情報

1:個人馬主の所得態様

馬主が個人である場合、馬主としての一連の経済的行為から生ずる所得は次のように区分されます。
  • (1) 競走馬の保有に係る所得→事業所得又は雑所得
    馬主が保有する競走馬が賞金や賞品を獲得し、又は負傷等による休養見舞金等の支給を受ける等、一連の金銭的収入に基づいて発生した所得をいいます。
    また、競走馬の生産その他の競走馬の保有に直接関連する事業を営む者が、その事業のために保有している馬を競走馬として出走させたときは、それによって生ずる所得は当然本来の事業の事業所得になります。
    (注)競走馬とは中央競馬又は地方競馬の競走に出走させるため保有している馬(登録馬)をいいますが、登録を受けるために調教中の馬、譲受人が公営競馬の登録を受けるため譲渡の際に中央競馬の登録を抹消した馬なども含まれる場合があります。ただし、種牡馬や繁殖牝馬は入りません。
  • (2) 繁殖牝馬又は種牡馬の保有に係る所得→事業所得又は雑所得
    競走馬の登録を抹消し、所有権はそのままで牧場へ送って繁殖や種付けに使用している馬、及びそれから生まれた仔馬の売却に係る一連の所得をいいます。
  • (3) 競走馬等の譲渡に係る所得→譲渡所得
    競走馬、繁殖牝馬及び種牡馬等の資産として保有している馬の譲渡により生じた所得をいいますが、仔馬の譲渡により生じた所得は前記(2)の事業所得又は雑所得に含まれます。
  • (4) 競走馬の事故見舞金に係る所得→非課税、事業所得又は雑所得
    中央競馬馬主相互会が定める「競走馬事故見舞金支給規程」等に基づき、支給される見舞金に係る所得をいいます。
    事故見舞金に係る所得については、以下のとおりとなります。
  • :第1号、第2号及び第13号から第15号までのいずれかに該当する事故により死亡した競走馬に支給される見舞金は、非課税となります。
  • :第3号から第12号に該当する事故により支給される見舞金は、事業所得又は雑所得となります。この場合の事故とは、骨折、脱臼、外傷又は腱断裂をいいます。
  • :また、第5号から第12号までは、後述する抹消給付金との併給が可能です。この「競走馬抹消給付金制度」(後述ト参照)により支給される抹消給付金及び併給される付加金は、事業所得又は雑所得となります。
  • :次の場合には、支払われた診療費の一部に対し診療費補助金が交付されます。この補助金及び装蹄費の補助金は、事業所得又は雑所得となります。
    ① 第1号、3号及び5号から12号までの一に該当する場合
    ② 競馬会の施設内又は輸送中に眼病、鼻出血、心房細動、呼吸器病、蹄葉炎、フレグモーネ、疝痛、X大腸炎、熱射病及び日射病を発症した場合
    ③ 各種予防接種を受けた場合等
  • :第16号から第18号に該当する事故により支給される見舞金は、事業所得又は雑所得となります。
  • :第16号の見舞金の支給対象は、平成16年4月1日から平成18年10月31日までに競走馬登録が抹消されたことに伴い、改正前の競走馬事故見舞金支給規程における第16号第1項に定めるB支給を受けたことがある馬に限ります。
  • :平成18年11月1日以降、競走馬抹消給付金制度が新設され、これに伴い、従来の見舞金第16号は原則として終了となります。抹消給付金制度は、抹消給付金と付加金の2本立てとなる支給制度の総称であり、日本中央競馬会の競走馬登録を抹消したすべての馬が対象となります。
    (イ)抹消給付金の金額は、出走状況に応じて次のようになります。
    ①出走したことがある馬 800,000円
    ②出走したことがない馬 300,000円
    (ロ)また、給付金の金額は、競走馬登録が抹消された時期に応じて次のようになります。
    ①3歳の10月31日以前であるとき 600,000円
    ②3歳の11月1日以降であるとき  360,000円
    (ハ)しかし、以下のいずれかに該当する場合は支給を受けることはできません。
    ①競走馬登録を受けている間に入厩していた日数が通算60日未満の馬
    ②過去に、見舞金第16号、抹消給付金又は抹消給付金付加金の支給を受けたことがある馬
    ③競走馬事故見舞金第1号から第4号又は第13号から第15号までのいずれかを受ける馬
    (ニ)なお、抹消時の平地における競走条件がオープン競走又は1,600万円以下の場合は、給付金は支給されますが、付加金については支給を受けることはできません。
全ての内容をご覧いただくには、会員専用ページへのログインが必要になります。
会員の皆様におかれましては、お手数ですがこちらのページよりお進みください。

会員ログイン